Pocket

いつも偉そうにしていて、
話を全く聞こうとしない上司がムカつく!
せっかく、いい提案をもっていっても、
全然相手にしてくれない(-_-メ)
あの上司はいったいどうやったら、
こっちの話を聞く気になるんだ!?
なんて、具合に
上司へのイライラが止まらないあなた。
そのお気持ち、
よーく、わかります。
私もそんな上司と
仕事をしたことがありましたからね。
でも、ご安心を。
この記事が上司の耳を
あなたに傾けせてみせます!
前編(*)でもお話したことなのですが、
私、日々、心理学を研究している
心理学研究家でして、
これまでにあらゆる書籍に
目を通してきました。
ここでは、その知識と
私の体験を活かして
「話を聞かない上司への対応方法」
をお伝えしています。
*タイトルにもありますように
この記事は「本編」になります。
この記事だけでも効力はありますが、
前回の「準備段階編」から
読んで戴いた方が効果的であります。
前回がまだの方は、
まずはそちらから読んでみることを
おススメします。
それでは、
さっそく本題へ移りたいと思います!
前回の知識とこの後半の内容を
合わせれば、
上司なんて思うがままです(爆)
きっと上司はあなたの話に
耳をか向けてくれるように
なりますよ☆
Sponsored Link

話を聞いてもらう重要ポイント!

何かを提案したり、
こちらの話を聞いてもらうための
重要ポイントは。。。
『タイミング』です!!
これが、すごく大切です!!
例えば、いつも18時きっかりに
退社する上司に対して、
17時50分に提案をもっていっても、
まず相手にしてくれません(-_-;)
もう上司の頭の中は
帰宅モードに入っている
可能性がありますからね。
女性の上司であれば、
夕飯の支度のことで
頭がいっぱいなって
いるかもしれません(-_-;)
他にも、上司が忙しそうに
している時間帯
避けた方が無難です。
「今はダメ!」と、
門前払いで終わってしまう
確率が高いですね(汗)
まぁ、こちらからすれば、
自分の状況よりも
会社や部下の方を優先して、
耳を傾けてもらいたいところです。
でも、いくら上司といえども、
所詮は人間です。
思考や感情を
完璧にコントロールするのは
不可能といっていいでしょう。
(とはいえ、ある程度はコントロールしてもらたいものですが苦笑)
上司に
『夕飯のことは考えないでください!』
なんて言ったところで、
絶対、頭にはよぎってきますw