Pocket

自信がない。。。
 そんな自分から卒業したい!』
そんなことを思っていませんか?
その切実な願い、
私が叶えてみせましょう!

第1部でも、
お話させてもらいましたが、
(この記事はシリーズ第2部になります。
第2部だけでも、効力はありますが、
第1部から読んでもらった方が、はるかに効果的です。
第1部がまだの方は、まずはそちらから読んでみてください)

私はこの記事を書くために、
『自信』というものを
かなり研究してきました。
今回もその知識を活かして、
あなたを『自信がない人』から
卒業させたい思います!
特に今回は、強い自信の獲得へ
一気に近づく内容となっています
(-ω☆)キラリ
ご期待下さい♪
それでは、
第1部を読んでもらったことを前提に
本題へ移りたいと思います。
これで、あなたの人生が変わります!
Sponsored Link

自信の減少をくいとめろ!!

『自信を回復させる方法』
『自信を持つ方法』を記している書籍は、
世界にたくさんありますが、
その方法や考え方というのは
実は、けっこうばらばらです(汗)
しかし、今日ご説明する内容は
いくつかの書籍でも
共通して語られている内容です。
つまり、それだけ
効果が期待できるわけです!
(ま、第1部もそうなんですけどね。。。(-∀-)ボソッ)
ま、ようは
基礎とか、基本といったところですね。
きっとあなたの人生が
180度変わりますよ☆
さて、もったいぶっても
仕方ありませんから、
さっそくご説明したいと思います。
いきなりですが、質問です。
あなたは、
人に優しくしなければならない!
仕事は真面目にするべきだ!
などと思っていますか?
。。。
うん、まぁ、大半の人が
『当たり前じゃん!』
と答えるかと思いますw
でも、だとすれば、
それはまずいです!
今すぐそんな考えは捨ててください!
『えーーー!!最低ーーΣ(T□T)』
なんて声が今にも
聞こえてきそうですが、
ちょ、ちょっと待って下さい!
これには訳があるのです(;´▽`A“
私が、『まずい』といったのは、
あくまで
『~しなければならない』とか、
『~すべきだ』などの
表現の部分だけの話しです(汗)
私だって
人には優しくした方がいいし、
仕事だって真面目にした方が
いいと思います。
ちょっと意味が
わからないかもしれませんね(苦笑)
ちゃんとご説明しますのでご安心を☆
少し感覚的な話になりますが、
『~しなければならない』とか
『~すべき』
といった表現はどこか
絶対的というか、完璧というか、
強制的なイメージがあるかと思います。
しかし、人間というものは
完璧にはできていません。
『正しい』と思っていても、
それをなかなか実行に移せなかったり、
実践できなかったりするのです。
第1部後半で語った、
「自己防御機能」も、その一例ですね
つまり、『しなければいけない!』と
思っているのに
『できない』ということが
多々あるわけです。
すると、どうなるか?
『自信』が、
光の速さで減少していきます( ̄Д ̄;)

『~すべきだ』、『~しなければならない』
といった絶対的なことが
できなかった時、
人は自己否定をしてしまうのです。
特にこの記事を
読んでくださっている人は、
きっと真面目で、
脳が正常に機能している人だと思います。
(この意味は第1部を読んでいただければわかります)
そういったタイプの方は、
ダメージを受けやすい性格といえます。
百歩譲って、その時は、
そこまでダメージを
感じていなかったとしても、
徐々に蓄積されていきます。
そして、最終的に、
『自分ってダメな人間』と
思い込んでしまうわけです(T_T)
しかも、しかも、
『~すべきだ』『~しなければならない』
の恐怖はそれだけではありません!
自分をイライラさせてしまう原因
でもあるのです。

自信をもつための方法を説明するための息子の画像

以前、
こんな記事を書いたことがあります。
イライラの対処方法!仕事中のストレスを激減!
こちらでも、詳しく語っていますが。
『すべき』とか『~しなければならない』
といった感覚を持ってしまうと、
それができない他者に対しても、
強い苛立ちを覚えてしまうのです。
他者に苛立ちを覚えると、
ついつい、責めすぎたり、
怒鳴り過ぎたりしてしまうこと
だってあります。
その結果、
人間関係がギクシャクしてしまう
ことだってあるでしょう。
たとえ、
相手を責めることがなかったとしても、
イライラしている自分に

嫌気がさす時だってあります。

いずれにしても、
自己否定モードへのきっかけが
激増してしまうのです(T_T)
ですから、
あらゆる角度からみて、
『~すべき』『~しなければならない』
といった表現は極力避けること
おすすめします。
(と、いうか捨ててしまったもかまいませんw)
でも、
それではいったいどんな表現を
すれば良いのでしょうか?
それを次章で、
お話したいと思います(^^)
Sponsored Link

あなたを救う超優秀な言葉はコレ!

さっそくですが、
答えを言ってしまいます。
それは、
『~したい』
といった表現です。
「しなければならない」、
「すべきだ」を
『したい』に言い換えるのです。
先ほどの例をそのまま使うと
『人に優しくしたい
『仕事は真面目にしたい
になります。
パッと見て、
『しなければならない』より、
明るい印象になりますよね。
それに、
強制的な言葉でもありません。
『したい』ですから、
『自分の欲求』になります。
あくまで、
『自分の欲求』ですから、
他者に押し付ける必要もありません。
(というか、先ほどもお話した通り、
押し付けたところで、ただイライラするだけです汗)
何より、
「自分の欲求」「希望」に
沿った行動をとるだけですから、
明るく、ポジティブな気分
保ちやすくなります☆
言葉を少し換えるだけで、
全く異なった印象になるのです!
ぜひ、
言い換えを意識してみてください(^^♪
でもですね。。。実は、
『~したい』という言葉の能力。。。
まだまだ、こんなものではありません!!
(;゚Д゚)
これだけ褒めたおしても
まだ実力の半分程度と
いったところです(@_@)
『~したい』といった表現は
自分の「姿勢」「あり方」
示すものでもあります。
自分の中にある
良いあり方、姿勢を認識した時、
人は満足感や自己肯定感
感じる事ができるようになっています。
『自己肯定感』って
聞き覚えのある言葉ですねw?
(第1部を読んでくれたあなたなら、わかるはず!)
ご説明しましょう!
と、言いたいところでありますが、
これを話し始めると、またちょっと
長くなりすぎてしまいます(汗)
なので、今回は我慢して
この話は次回に回すことにしますね
(;^ω^)
それでは、
話したい気持ちを堪えながら、
今回のまとめに移ります(苦笑)

まとめ

  • 「しなければならない」「すべきだ」
    といった表現は極力控える
  • 「しなければならない」「すべきだ」
    を「~したい」に言い換える
以上になります。
今日話したことを意識するだけで、
『自信がない』と思う瞬間が激減します!
第1部の知識が合わせれば、
さらに効果倍増です。
自己否定モードに入る機会が
大幅に減少することになります(^^♪
ようは、
マイナスな感情でいることが減るので、
自信を得やすい状態になるわけです☆
これは大きいですよ!
マイナスだったもが、プラスに進もうと
しているわけですからね(*^^)
それに、先ほどお話した通り、
「~したい」の実力は
こんなものではありません!
自己肯定感、満足感に
つなげることができるのです。
それはつまり・・・・
・・・
まぁ明言は避けておきましょうかw
でも、きっと「~したい」を
意識していくうちにあなたの中の
変化に気づくことになると思います
(*´▽`*)
それでは、続きの第3部です!
こちらからどうぞ
自信をつける方法!仕事も人生もコレで変わる!
Sponsored Link

Pocket